もう一ツの太陽エネルギー

太陽光・蓄電池

2017.03.30

日増しに陽光眩しく感じられる今日このごろ・・・・

世はまさにでございます。
 
今週は私、角井のブログでございます。
 
 
さて、私も57回目の春を迎えまするが

世の中、知らない事ばかり
『謎』だらけでございます。
 
たとえば!!
 
小学生のころからの『謎』!花札のこれ!!
・・・・あのよろし
 
いまだに不明でございます。
 
「あのよろし」の作者は、何の意味が有って、
何の為に「あのよろし」をあみだしたのか・・・・?
 
いまだに謎は解明されていないのである・・・・。
それはさておき!!
 
良い子の皆様には「太陽光」「太陽熱」と太陽のエネルギーはご存知の通りで、
これらのエネルギーは「太陽光発電」「太陽熱温水器」にと、人々の生活に活用されているのでありますが、
今のところ、全く役に立ってない『もう一ツの太陽エネルギー』をご存知だろうか・・・・?
 
 
 
 
 
それは!!

 
 
 
『太陽風』なのである。
 
 
 
簡単に言うと、太陽から吹き出す高温の磁気と電気をおびた粒子だそうである。
『太陽風』は今のところ人類が活用出来るエネルギーではないのだが、
『恐怖のエネルギー』として無視は出来ないのである。
 
「太陽風」は、太陽の表面の『爆発(フレアー)』によって生まれ
秒速300~500kmの早さで約4日間で地球に達するのである。
 
ちなみに、地球の中心では液体状の金属がぐるぐると回転しているそうで、
これにより磁力が発生し、方位磁石がその磁力の流れに沿って、北極と南極を差すそうな・・・・。
 
そして、球の緯度60°~80°あたりがこの磁力が均一方向に流れやすく、
太陽風とこのあたりの地球の磁力が大気中で衝突すると
 
ア~ラ不思議!!
『オーロラ』が出来るのである。
 
 
「太陽風」は四六時中、地球に降りそそいでいるのだが、恐ろしいのは太陽の表面で
 
『スーパーフレアー』
 
 
と呼ばれる大爆発が起きた時で有る。
そして水爆10億個以上のエネルギーの「スーパーフレアー」による「太陽風」が地球方向に「磁気嵐」となって直撃するとどうなるか?
 
 
 
それは、1859年に起きたのである・・・・。
 
もし、1856年に没した二宮金次郎(尊徳)も
それに出くわしていたら、きっと損得抜きにおったまげただろう・・・・。
 
 
 
・・・・皆さん!!
笑うところですよお~~~!!
で、1859年に何が起きたかというと、

ハワイやフロリダにキューバでオーロラが出現したのである!!

 
 
 
 
 
しかも!夜でも新聞が読める明るさだったのである。
 
実はその時は日本は深夜側、つまり太陽の方を向いてなかったので、目撃はされてないようである・・・・。
しかしオーロラは620年12月30日には京都で、

1770年9月17日には北海道から九州まで目撃された記録があるのである。
 
きっと私の母方の大阪で住んでいたご先祖様も
こんな感じでオーロラを見たのだろう・・・・
さらに!
1859年の「スーパーフレアー」によって起きたのは、オーロラだけではない!
北米やヨーロッパで始められていた電報の電信用の鉄塔は火花を発し、
電報用紙が自然発火し、電源が遮断されているのに送受信が可能になった電報システムも一部有ったそうな・・・・。
 
実はこの「スーパーフレアー」2012年にも発生したのだが、幸い地球方向を向いておらず難を逃れたらしいが、少し強めの「太陽フレアー」の太陽風によって、1989年、カナダで大停電が発生し、株式市場でコンピューターが甚大な被害を受けたので有る。
 
 
 
ちなみにこれから10年以内に、スーパーフレアーによる「太陽風」が地球に降りそそぐ確率は12%だそうである。
 
 
 
 
 
もし現代、スーパーフレアーによる太陽風が、地球を直撃すると・・・・
 
 
 
 
 
携帯・インターネット・GPSにテレビ、ラジオは全部だめ!
銀行の資産データ等は全部飛んで、永遠にお金は通常におろせなくなり、太陽風による誘導電流とやらが発生し、高圧変圧器がブッ飛び、急激な停電で原子力発電の核燃料が冷却出来ず高温になり、容器を溶かし流出するメルトダウンが・・・・
 
 
 
 
 
・・・・人類は一気に19世紀以前の生活に引き戻されてしまうのである。
 
 
 
こういった危機に、一部対処出来る準備を始めている国も有るそうだが、
世の中デジタルSNSに、国内では「エネルギーミックス」と言われている時代であるが、19世紀以前のほとんど自給自足や、生きて行く上で最低限のアナログライフラインを確保をしておくべきであろう・・・・。
 
 
 
おしまい。