9月の月と夕日

太陽光・蓄電池

2016.09.15

こんにちは、アシスタントの神山です。
 
突然ですが・・・、9月は、月と、夕日を見ましょう(・∀・)
 
9月15日は、「中秋の名月」お月見です!
みなさまは、お月見の準備をされましたか?
 
「中秋の名月」とは、名前のとおり、旧暦で言う秋(7月~9月)の真ん中の日の月のことです。
 
てっきり、毎年満月なのかと思っていましたが、そうではなく今年の月は、13夜と言い、満月から2夜分欠けた月になるようです。
 
平安時代は、貴族の人たちの風流を楽しむ習慣だったのが、
江戸時代に、庶民がその時期に収穫されるお芋を食べながら鑑賞したそうで、「芋名月」とも呼ばれています。
 
美味しそうな月ですね(*^▽^*)
ススキは、稲穂に見立てていて魔除け効果もあるらしく、お月見が終わったあとに軒先につるしておく風習もあるそうです。
 
あと、中秋の名月から、約1カ月後(9月13日)は「十三夜」と呼ばれ、中秋の名月のお月見をした後は、十三夜のお月見もしないと縁起が悪いそうです。
 
気を付けないといけませんね(;^ω^)
 
 
お月見の後は、9月22日、お彼岸の中日に夕日を見ましょう!
 
お彼岸の中日は、真東から日が昇り、真西に夕日が沈む日です。
この日に夕日を拝むと、西方にある浄土に向かって拝むことになるそうです。
 
和歌山市内にある、「雑賀崎観光灯台」には春と、秋のお彼岸の中日に沈む太陽の光の様子が花が降るように見える「ハナフリ」という言い伝えがあるそうです。
 
22日は、夕日を見る会というイベントもあるそうで、「ハナフリ」見てみたいですね~。
 
 
きれいな月や、夕日を見ながら、まったりとした時間を過ごせればと思います。
 
 

みなさまも、空を見上げて、まったりとしませんか? (*・∀・*)