職人さんへのお茶だしはどうすればいいですか?

お気遣いありがとうございます。
最近は、そのような習慣はなくなりつつあります。 
そのお気持ちだけで十分ですので、お客様の方でそのような事でお気遣いないようお願い致します。