各メーカーの特徴と比較

様々な屋根に 対応してより多く発電するシャープ独自の「ルーフフィット設計」や夏場の高温でも運転性能が落ちにくい高効率のパワーコンディショナなど、50年以上培ってきたノウハウを活かしてシステム全体でより多く発電することを追求しているメーカーです。

> メーカーサイトはこちら


屋根材一体型太陽電池「ヘイバーン」、デザイン性・省スペース重視の「サムライ」、レイアウト性を高め施工の工程を削減できる「エコノルーツシリーズ」など、用途や屋根に応じて選べる製品ラインナップが特徴。いずれの太陽電池も、太陽光の反射を抑えて発電量を高める「d.Blue」技術を採用。

> メーカーサイトはこちら


面積・システム容量あたりの発電量でトップクラス。他のパナソニック製品(一般家電、オール電化)と連携させて、住まいのエネルギーをスマートに活用。

> メーカーサイトはこちら


パワーコンディショナー(太陽電池で発電した電気を家庭で使える電気に変換する機器)の変換効率が業界No.1!通常94%程度の変換が、97.5%を実現し、ロスを抑えたたっぷり電力でエコに貢献します。

> メーカーサイトはこちら


太陽電池用のシリコン原料を取り扱っている株式会社アンフィニのグループ会社。原料の買い付け、モジュールや架台の製造をグループ内で一貫して扱っている ので、他社に対してコストや品質面で優位。※平成25年10月1日より親会社に吸収合併され、アンフィニジャパンソーラー株式会社へ商号変更。

> メーカーサイトはこちら


昭和シェル石油の子会社であるソーラーフロンティア株式会社は、2015年現在、日本国内で非シリコン系の薄膜型(CIS系)ソーラーパネルを製造している会社です。薄膜型(CIS系)はシリコン系(単結晶・多結晶)と比較して発電効率が低いのですが、夏場の高温や影に強いとされ、年間を通じてより多くの「実発電量」が期待できます。

> メーカーサイトはこちら


これらのメーカーから、ご予算・ご希望を考慮して、最適なプランをご提案させて頂きます。